憧れのマイホーム、家を建てる時っていつ融資を申し込めばいいの?

結婚生活で大きな目標となるのがマイホームですよね。そんな憧れのマイホーム購入の為の住宅ローンをどのようなタイミングで申し込めばいいか気になりますよね。いざ住宅や土地を購入しようとしても、住宅ローンが組めなければなんの意味もありませんので、マイホーム購入の前にまずは金融関係のローンセンターなどで事前に資金の相談をすることが大切になってきます。自分の経済状況をまずは把握することが大切です。

そもそも住宅ローンとは、住宅を抵当にして銀行などの金融機関からお金を借りることなので、まだ存在しない住宅で何千万という大金のローンを組まなければならないので手続きは色々とめんどうになるのは当然だし、時間もかかります。まずは金融機関に住宅ローンの申し込みをして事前審査をしてもらいますが、この事前審査が2〜3週間かかります。この事前審査で、申し込み者の経済状況や信用情報が審査され、審査に受かると売主と売買契約が結べます。

本審査には売買契約書が必要になりますので、売買契約書を手に入れたらいよいよ本審査が始まります。本審査はローンの保証会社が審査を行う為、事前審査よりもさらに厳しい審査になりますが、これは1週間ほどで結果がでます。本審査でOKとなれば、保存・移転登記を済ませ、抵当権を設定し住宅ローンの契約(金銭消費賃借契約、略して金消契約)が完了し、これで金融機関からお金をもらい売主に支払うことができ、これだけの時間をかけて初めてマイホームが手に入るわけです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクなど優良会社をご紹介!審査が甘い金融会社をさがせ! All Rights Reserved.