どうしても借金返済ができない人が読む、ためになる交渉術

月々の返済に追われ、返したくても返せない状況になってしまうことってあると思います。もちろん、返済日にしっかりと返済することがお金を借りる時の条件ですが、やむを得ない理由で返済できなかった場合どうすればいいか。延滞してしまった場合、カード会社からあなた宛に電話がかかってきます。要件は痛いほどわかっているので実際はなかなか電話に出にくいものですが、なるべくカード会社の連絡には応じた方が自分の為になります。

返したくても返せない状況だった場合、カード会社に対してどんな交渉をしていけばいいのでしょうか。もちろん、カード会社からしてみれば約束していた返済日に返済されなかったのだから、電話で確認をとりたいですよね。この電話にあなたが出なかったとしたら、カード会社は困ってしまい、勤め先や家に連絡するしかなくなってしまいます。なので、まずは電話に出て、支払う意思があることを伝えるのが大切になってきます。

「払いたいけど今は持ち合わせが無くて困っている」こう伝えることで、カード会社は柔軟な対応をとってくれます。ほとんどのカード会社は返済日の延期をしてくれるはずなので、自分がいつになればお金の都合がつくかを伝えるようにしましょう。大事なのは、あなたがカード会社に対して支払う意思があるということを伝えることです。こうした交渉を怠ると、最終的には裁判沙汰になってしまい、ブラックリストに載ってしまうので気をつけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクなど優良会社をご紹介!審査が甘い金融会社をさがせ! All Rights Reserved.